宮崎県の地盤沈下・土壌汚染苦情件数は?地盤調査のメリットとは

宮崎県は九州地方の太平洋側に位置する県で、高千穂峰など全国的にも有名な山岳が多く存在する豊かな地形に富んだ県です。宮崎県の公害苦情件数は地盤沈下が0件で、土壌汚染は4件となっています。全体的に少なめの数ですが、宮崎県は全国的にみて降水量が多めの土地ですので、地滑り等の被害が起きる可能性もあるので注意が必要ですので、地盤調査を行う事でそうした危険性に気づくことが出来ます。地盤調査を行う事で、その土地の特性を知るという事はそこに暮らしている人にとって大きなメリットがあります。もし土地を購入する前に調査できるならそれを指標に土地を選ぶことも出来ますし、すでに購入済みの土地であってもどういった部分が弱いのかさえ分かれば対策のしようがあります。現在では様々な工法による地盤改良が出来るので、たとえ軟弱な土地であっても適切な処置を行えば安心して家を建てられます。何も知らない状態で家を建てるより安心感は雲泥の差でしょう。地盤調査を実際に行う場合の方法には現在様々な種類があって、状況などを鑑みて適切な方法が選ばれます。代表的な方法としてはサウンディング試験や標準貫入試験などがあります。具体的に言うと標準貫入試験とは一般的には、ボーリング調査として知られている最も基本的な試験方法です。先端に土を採取するサンプラーを取り付けた棒を地面に打ち込んで、地面の強度を調べます。同時にサンプラーで採取した土を調べる事で、地面の特性を正確に調べることが出来ます。一方で比較的大掛かりな作業になるので、一般的な住宅より大きな中規模以上の建物を作る際などに良く用いられます。サウンディング試験では、スウェーデン式サウンディング試験が最も一般的に行われています。その名が示す通り、スウェーデンの国有鉄道で採用されていた試験方法が広まったもので、一般的な木造住宅を建設する際には主にこの方法が用いられています。錐状の先端部がついたロッドを重りの荷重で地面にねじ込んで、その堅さを調べます。特徴は大掛かりな仕掛けがいらないことと、比較的安価で出来る事です。

地盤調査110番の宮崎県地域における対応エリアについて

  • 宮崎市
  • 都城市
  • 延岡市
  • 日南市
  • 小林市
  • 日向市
  • 串間市
  • 西都市
  • えびの市

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7258

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

上枠

CM

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

私たち24時間365日お客様をサポートいたします

0800-600-0673

24時間365日受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合が

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 地盤調査110番とは
  • 無料メール相談窓口へ
  • 事前調査の依頼