長崎県の地盤沈下・土壌汚染苦情件数は?地盤調査のメリットとは

長崎県は南北に長く、海岸線が長い特徴があります。全体的な地盤としては玄武岩を基岩としている地域が多く河川によって開かれた沖積平野部および丘陵地や中山間地に張り付くように住宅地が広がっています。長崎県における地盤に関する苦情件数は、地盤沈下が0件、土壌汚染に関しても2件でかなり少ないと言えます。地形的な特徴もあり西部の有明海沿岸地域以外は目立った粘土層が無いため、粘土層の圧密に起因する地盤沈下はほぼありません。長崎県で、家を建てる場合主に住宅地として開発される場所の特徴として、河川周辺の平野部や丘陵地を切り開いて谷を埋める、あるいは河川周囲の堆積物や旧河川の跡地に造成されている場合があり、地下の状態が均一でない事が考えられます。地下の状態は、ボーリング調査や、各種サウンディング、周辺地形の調査などで詳しく知ることが出来ます。地下の状態が不均一であったり脆弱な地層を挟んでいたりする場合、均等に基礎を支えられずに家が傾く危険性があります。地質調査に伴い土質試験を実施する事で、脆弱な地層への対策を図ることが出来ます。弱い層が比較的浅い位置である場合や、地質が不均一である場合は、良質材と置き換える工法や、セメント系や石灰系の改良材を混ぜ込むことで地盤の強度高める方法などがあります。セメント系改良材は、以前は六価クロムによる地下水の汚染などの問題がありましたが、近年では対策され環境に配慮されています。安定した地層が深い場合は、コンクリーパイルや鋼管杭、薬液による改良杭などの工法があります、通常の家屋の基礎クラスであれば、施工に使用する機械もコンパクトになってきています。使用する機械についても、調査深度が浅い場合人が手にもって扱えるものもあります。また、2m×2m程度のスペースがあれば据え付ける事が可能なボーリングマシンを使用すれば、数十メートル深さまで地質を確認する事が可能です。長崎県においても、調査ボーリングやサウンディング、埋め立てに使用する土砂の性質に関する土質試験など地盤調査を行う事で、適切な改良工法選定による安全な住宅地の建設のために役立っています。

地盤調査110番の長崎県地域における対応エリアについて

  • 長崎市
  • 佐世保市
  • 島原市
  • 諫早市
  • 大村市
  • 平戸市
  • 松浦市
  • 対馬市
  • 壱岐市
  • 五島市
  • 西海市
  • 雲仙市
  • 南島原市

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7258

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

上枠

CM

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

私たち24時間365日お客様をサポートいたします

0800-600-0673

24時間365日受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合が

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 地盤調査110番とは
  • 無料メール相談窓口へ
  • 事前調査の依頼