最新情報・レポート

地盤調査に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。

「不同沈下」を防ぐために

地盤がしっかりとしていない土地に住宅を建てると、地盤が住宅の重さに耐えられず、ちぐはぐに沈みだします。この様な現象を「不同沈下」と呼びます。不同沈下が起こると窓やドアがスムーズに開けにくくなったり、壁に亀裂が入ったりと目に見えて建物に異常が起こっていきます。さらに恐ろしい事にめまいを起こす等の健康状態に悪影響を及ぼす恐れもあります。この様な事故を防ぐためには、どうすれば良いでしょうか。
まずは、地層の構造や強度、種類等を調べる地盤調査を行う事が賢明です。地盤の強化は非常に狭い範囲でも、大きく異なるケースがあります。近隣の方が地盤調査をした際にしっかりとした頑丈な地盤だったからと言って、自分の土地までしっかりとした地盤だとは限りません。
又、同じ敷地内でも地盤の強度や状態が違うケースもあるので、1箇所調査したから大丈夫だと安心せず、調査する必要があります。一般的には、建物の配置に合わせて周囲4点と中央1点の合計5点を調査する方法が行われています。
地盤調査は、新築を建てる時はもちろん、住宅を建て替える時も行った方が良いでしょう。建て替えの場合は今までその場所に建物が建っていたからと安心して地盤調査をしないケースがとても多いです。
もしかしたら以前住宅を建てた際に地盤調査を行っていないケースもありますので、建て替えの機会に一緒に地盤調査をされる事をお薦めします。地盤調査でお悩みの際には、当サイトもお力になりますのでお役に立てれば幸いです。

0800-600-0673

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7258

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

上枠

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

私たち24時間365日お客様をサポートいたします

0800-600-0673

24時間365日受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合が

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 地盤調査110番とは
  • 無料メール相談窓口へ
  • 事前調査の依頼