最新情報・レポート

地盤調査に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。

土地の来歴を知る

マイホームを建てようとしたとき、アパート経営を始めようとしたとき、土地に新しく建物を建てる際に確認しておかなければならないのがその土地の地盤の状態です。 どんな場所でもその土地がすでに更地になっている場合、一見しただけでは特に問題もないように見えます。しかしその土地の来歴によって地盤には大きな違いがあります。詳しくは地盤調査で調べられますが、特にこれから土地の購入を考えていらっしゃる方は、ご自身でその土地の来歴を調べてみると良いでしょう。 ・旧版地図を確認する 旧版地図にはその土地の昔の姿が載っています。例えば、過去に田畑や沼地であった土地は湿地帯である場合が多く、そこが埋め立てられ住宅地として開発されている場合は地盤が緩いことがあります。また現在は整備されている河川も昔は蛇行していた可能性もあり、現在とは河川の位置が変わっていることもあります。昔、河川の底だった土地はやはり地盤が緩い可能性があります。 ・周辺住民の話を聞く その土地の周辺に数十年住んでいる方がいらっしゃる場合、その土地のお話を伺うことができれば大変有効です。台風など災害時の河川の様子、水がどのあたりまで来たのか、風の吹き方はどうだったのかなど、住んでいなければ知り得ない貴重な情報を得られます。 最近では旧版地図と現在の地図を左右に並べて一度に閲覧できる便利なサイトなども登場しています。またあくまで参考程度になりますが、その土地の地名は昔そこにあったものに由来している場合が多く、例えば「田」の付く地名は昔田んぼだった土地、「台」の付く地名はここ数十年で開発された造成地を示していることがあります。もちろん正確を期すためには地盤調査を行う必要がありますが、土地の来歴からも地盤の状況を推察することができるのです。

0800-600-0673

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7258

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

上枠

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

私たち24時間365日お客様をサポートいたします

0800-600-0673

24時間365日受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合が

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 地盤調査110番とは
  • 無料メール相談窓口へ
  • 事前調査の依頼