最新情報・レポート

地盤調査に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。

地盤調査から補強までの流れ

現代では新たな建築物を建設する際には、地盤調査はほぼ必須の作業となっています。そして地盤調査を行いますと、その土地が軟弱地盤である事が発覚することも多いです。地盤に問題がなければすぐに建設に移れるのですが、そうでなければ地盤改良工事も行わなければいけません。改良を行う割合は、一説には「3件に1件」とまで言われています。その具体的な流れは、以下のようになっています。

1.地盤調査・・・その土地の傾向を調査し、現地でスウェーデン式サウンディング調査などを行います。これは新設するときだけでなく、建て替えを行うときも行う必要があります。
2.解析・・・調査結果や数々のデータを元に、多角的に分析を行います。
3.施主への報告・・・地盤調査報告書が渡され、どのような工事を行うのか説明されます。この書類は、瑕疵担保保険の申請にも必要になります。
4.改良工事・・・もしも地盤が弱い場合には、地盤改良工事を行わなければいけません。施工方法には、地盤の表層改良や、柱を埋め込む工法などがあり、硬い地盤までの深さが深いほど高額になることが多いです。

日本は地震が多い国ですので、耐震のためにも地盤調査は欠かせません。地盤調査で施主ができることは限られていますが、全て任せきりにするのではなく、分からないことはどんどん訊いていくのがよろしいでしょう。

0800-600-0673

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7258

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

上枠

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

私たち24時間365日お客様をサポートいたします

0800-600-0673

24時間365日受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合が

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 地盤調査110番とは
  • 無料メール相談窓口へ
  • 事前調査の依頼