最新情報・レポート

地盤調査に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。

地盤調査と液状化

"地盤調査の目的の1つに液状化し易い地盤かどうかを調査し対策工事するというものがあります。液状化とは、地震が発生した際に一時的に地面が液体のように流動し、建築物が沈んでしまう現象のことを言います。液状化はどんな場所でも発生するというわけではなく、特定の条件下でのみ発生する可能性が高くなります。特定の条件とは以下の3つになります。
「緩い砂地盤」
地盤の硬さを表すN値が20以下(大きな建築物を建てる際、杭が不要なほど硬い地盤はN値30以上)で土の粒子の大きさが0.03mm~0.5mm(砂糖粒程度)の砂地盤が目安になります。

「地下水の位置」
地表面から10m以内が目安。地下水位が浅ければ浅いほど液状化は起こりやすくなります。ただし戸建て住宅の場合は地下水位が地表面から3mより深ければ液状化による被害が起こりにくいと言われています。

「大きな地震の揺れ」
震度5以上の揺れが目安で、揺れの時間が長引くほど液状化の被害が大きくなります。揺れの時間の長さによっては、震度4でも液状化した例があるようです。

平常時の地盤は砂の粒子が周りの粒子に接触しその隙間を水が埋め強度を保っているのですが、以上の条件により地震が起こるとこのバランスが崩れ粒子の隙間の水を押し出す力が働きます。水圧のバランスが崩れると泥水のような状態になり結果建物が沈んでしまう。これが液状化の仕組みです。しかし液状化は事前に対策を取ることで防ぐことができます。建築物を建てる前にしっかりと地盤調査を行い、液状化し易い地盤であれば対策工事を行ない液状化の可能性を低くできます。万が一のときのためにも事前に地盤調査を行うことは重要な事なのです。

0800-600-0673

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7258

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

上枠

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

私たち24時間365日お客様をサポートいたします

0800-600-0673

24時間365日受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合が

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 地盤調査110番とは
  • 無料メール相談窓口へ
  • 事前調査の依頼