最新情報・レポート

地盤調査に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。

耐震補強のためにも地盤調査を

日本は地震の多い国です。例えば平成27年では、震度1以上の自身は約1,800回発生したと言われています。もちろん中には、大きな被害をもたらす様な地震もあります。地震の発生を防ぐことはできませんので、いかに地震に強い家造りをしておくのかが重要になります。
そのために、地盤調査が必要になります。地盤調査によってその土地の地盤の状態を知る事によって、具体的な耐震補強の工法を選ぶことができるようになるのです。その工法としては、以下の三つの方法があります。一般的に、硬い地盤までの距離が長いほど施工費用も高額になるようです。

・地盤の表層改良
地表から2メートルほどの深さに軟弱地盤が広がっている場合に適した工法です。表層部の地盤の土とセメント系固化材を混ぜて撹拌し、転圧して硬め、地盤を強固にします。

・柱状改良工法
約8メートルまで軟弱地盤が広がっている場合に適した工法です。強固な地盤に達する円柱状の杭を作る事によって住宅を支えます。

・杭状地盤補強
8メートル以上軟弱地盤が広がっている場合に適した工法です。地盤を強固にするのではなく、直接深い位置にある支持層にまで銅管杭を打ち込むことによって住宅を安定させます。

いずれの工法が必要になるのかは、実施兄地盤調査を行ってみなければわかりません。まずは当サイトよりご相談だけでもされてみてはいかがでしょうか。

0800-600-0673

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7258

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

上枠

CM

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

私たち24時間365日お客様をサポートいたします

0800-600-0673

24時間365日受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合が

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 地盤調査110番とは
  • 無料メール相談窓口へ
  • 事前調査の依頼