最新情報・レポート

地盤調査に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。

【必読!】土地の地盤調査は必須?種類や改良法まとめ

【必読!】土地の地盤調査は必須?種類や改良法まとめ

 

建物を建てるとき、多くは地盤調査を行ってから建てます。地盤調査の費用はけして安価なものとはいえず、できれば削減したいと考えている方も多いのではないでしょうか?

 

今回は地盤調査の必要性とその手段、軟弱な地盤だった場合に行う改良法について、わかりやすく解説いたします。また、誰でも簡単に地盤状態を知ることができる方法もあわせてご紹介。

 

なぜ地盤調査をしなければいけないのか…そう疑問を感じたら、このページを一読するとスッキリするかもしれません。

 

 

地盤調査とは-調査の必要性はどれぐらい?

地盤調査とは、地面にある地盤がどのような状態なのか、土の質や層の厚みを調べて、上に建てる建築物の重みに耐えられるかを調査することをさします。一般住宅はもちろんのこと、大きなビルなどの建築物を建てるときに調査を行うことで、安全な土地なのかの判断材料のひとつとなります。

 

地盤調査を行うタイミングとしては、おもに「建物を建てる前」があげられます。とくに建物を建てる前は重要で、地盤の調査を行うことで住まいの安全を守ることができるのです。

 

仮に土地が軟弱のままであった場合、その上に建物を建ててしまうと重みに耐えきれずに傾いていきます。場合によっては倒壊の危険性もあります。

 

また、何ら問題がないように見えても地形の関係で地震の多い日本では、いつ自然災害が起きるかわかりません。突然の地震が発生したときに地盤対策を行っていないと、地面の液状化が進むこともあります。地盤の状態を把握していないばかりにケガや命にかかわってしまう…ということも考えられるのです。

 

近年では、土地売却前に地盤調査を行うケースも多いようです。調査を行ってから売却をする方が付加価値がついて価格を少し上げることができるうえ、土地の買い手が安心して決めることができるので、売れゆきアップにもつながります。

 

また、軟弱な地盤だと知っていたのにもかかわらず売却してしまったことによるトラブルもあるようです。地盤調査はこのようなトラブル回避を行うために、地盤の状態を証明するためにも行われているようです。

 

おもな地盤調査の方法は3つ

おもな地盤調査の方法は3つ

 

ボーリング試験(標準貫入試験)

 

ボーリング調査は、地面に10センチメートルほどの穴をあけて、その中に筒状のパイプのようなものを地中に刺していきます。機器やハンマーなどで上から打ちつけ、一定の深さに刺さるまでどれぐらいの回数行ったかで地盤の強度を判断します。

 

この方法は、パイプ状の筒を差し込むため、取り出したときに地層も合わせて採取できます。そのため、実際の土をサンプルとしてみることができるため、より正確な結果を導き出すことができるのです。

 

一般的には高層ビルやマンションを建設する際に用いられます。この方法は正確な試験結果を出せますが、費用や工数、一定以上の広さは必要になるので、一般的な戸建住宅ではあまり行われない方法でした。現在では機器の小型化が進んだため、費用を抑えられるほか小規模でも施工が可能になったので、一般家庭でも普及しつつあります。

 

スウェーデン式サウンディング試験(SWS試験)

 

SWS試験とは、地面にドリル状のものを回転させながら差し込み、進んだ深さに対して何回転したかを計測する試験です。この方法は小規模で行えるほか、比較的簡単であるため、費用を抑えやすいです。そのため、一般的な戸建住宅を建築する際に行われやすい方法といえます。

 

ただし、この調査方法は作業者の技量に左右されやすいです。しっかりとした有識者でないと、調査にずれが生じてしまうことがあります。

 

表面波探査法

 

表面派探査法とは、地面に取り付けた起震器によって振動を起こし、振動が地面に伝わる速度を計測して地盤の強さの状態を判断します。直接地面に穴をあけないため、調査期間を短くすることができます。しかし、この方法もSWS調査と同様に施行者の技量に左右されやすい試験といえます。

 

また、地面の中に大きな石や岩、不純物などがあると正確な調査がしにくくなる傾向にあるため、土地を選ぶ調査方法ともいえます。

 

地盤が軟弱だった場合に行う地盤改良の種類

軟弱な地盤だと発覚した場合、多くの土地は地盤改良を行うことで安全に暮らすことができます。

 

一般的に行われる地盤改良方法として、以下の3つがあげられます。それぞれ土地の状態に合わせて選ぶとよいでしょう。

 

表層改良工法(~2メートル)

 

軟弱な地盤が浅い場合に行われる工法です。

 

改良方法としては簡単で、弱かった地盤部分を掘り出して土を取り除き、セメントで固めてしまうというものです。地表付近のみの改良となるので日数もかからないうえ、費用も最も安価な地盤改良方法といえるでしょう。 しかし、この方法は勾配がある場所では向かないほか、作業者の技量が出やすい方法といえます。

 

柱状改良工法(~8メートル)

 

軟弱な地盤がやや深いときに行われることが多い工法です。

 

建物を支えるうえで重要なポイントの下に穴を掘りつつ、セメント系のものを流し入れて杭状に固めていきます。他の工法よりもやや手間がかかるため、施工期間は少し長くなりがちです。また、土地を売る際に杭が地面に残ったままになりやすく、やや不利になる傾向があるようです。

 

鋼管杭工法(~30メートル)

 

地盤強度が深いところまで低いときや、大型の建物を建築する場合に行われやすい工法です。

 

改良方法は地面に金属製の支柱を埋めて建物を支えるというシンプルな方法なので、かかる時間も比較的短い傾向にあります。しかし、かなり深いところまで掘り進める関係や、杭を埋める際に必要な重機が大型である関係で、騒音が発生しやすいうえ、費用が高めになります。

 

地盤調査を行わなくても土地の傾向がわかる方法

地盤調査を行わなくても土地の傾向がわかる方法

 

土地を購入したいときや、自身の持っている土地の状態を知りたいとき、実は大掛かりな調査を行わずとも簡単に判断する方法があります。地盤調査を行うと費用がかかるため、まずは以下の方法で知ってみるとよいでしょう。

 

・インターネットの地盤マップ
・各市町村の役場の窓口に尋ねる
・土地の形状から推測する
・地名から推測する

 

インターネット上には、日本全国の土地情報をまとめたサイトもあります。時間をかけずに無料で知ることができるため、試してみるとよいでしょう。

 

より詳しい情報を知りたいのであれば、各市町村に問い合わせてみるのもよい方法です。周囲の土地で地盤調査した結果を公開してもらえることもありますので、周囲の土地から知りたい土地の地盤をある程度推測できます。

 

また、周囲の土地の形状から判断することもできるため、他の判断方法とあわせて実際にまわってみるのもよいでしょう。

 

過去に川や池であった場所は、その名残として水関連の名前の地名がつけられている可能性があります。過去に水にまつわる地盤は弱い傾向にあるため、周囲の土地の地名を調べてみることも判断材料となるでしょう。

 

まとめ

地盤調査は、その土地の状態を知り対策を立てることで、建物内に住まう人の安全を守るために行われる施工です。簡単に知りたい場合はインターネットや地名、資料などで判断できますが、土地はわずか1メートルの範囲でも変化します。そのため、建物など大きなものを建設するのであれば、安全を確かなものにするためにも地盤調査が必要といえるのです。

 

地盤調査はおもに3種類あります。それぞれメリットやデメリットは異なるので、最適な方法はどれか、また予算との兼ね合いを考えて選んでいきましょう。

 

0800-600-0673

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7258

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

上枠

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

私たち24時間365日お客様をサポートいたします

0800-600-0673

24時間365日受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合が

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 地盤調査110番とは
  • 無料メール相談窓口へ
  • 事前調査の依頼