沖縄県の地盤沈下・土壌汚染苦情件数は?地盤調査のメリットとは

沖縄県では、地盤沈下の公害苦情件数は0件で、土壌汚染による公害苦情件数は6件となっています。この数は全国的に見ても多いとは言えませんが、しかしながら沖縄県は地形的に自然災害との関わりが深い地域であると言えます。7月から10月にかけては台風が通過することが多くなり、特に9月は一年の中でも一番台風の上陸が多い時期になります。河川はもともと流域面積が小さく急勾配となっているため、河川流量の変動が大きく大雨による洪水が起きやすいです。また、浸食を受けやすい山岳地帯では、土砂流出が目立ちます。沖縄県本島中南部は脆弱な泥岩によって地形が形成されているため、地滑りが起きやすい場所があり土砂災害を受けやすい環境でもあります。大雨や洪水が起きやすく台風が通過しやすい地域でもあるため、都市部も含めて、新しい住居を建てる前に地盤調査を行うことへの関心が高まっています。完成した新築の住居が住み始めてから傾いてしまうようであれば、台風や地震の際に大きな被害を受けることにもなりかねません。地盤調査の種類には、ボーリング、サンプリング、サウンディングなどの調査方法が代表的です。ボーリングは、地面に穴を開けて掘り進めることで、サンプリングは土を採取して試験試料に使います。サウンディングは土の強さを測るものです。その他にも、地下水調査や物理探査、戴荷試験などの方法が使われることもあります。新しく家を建てる前にしっかりと地盤調査を行うことで、地盤沈下や土壌汚染の回避につながります。地盤が悪い場合は、必要に応じて改良工事を行うことで安定した土地に家を建てることが出来るようになります。安全な場所に家を建てることが出来ると、自然災害による被害も最小限にすることが出来ます。住み始めてしまってから生活が脅かされるのを防ぐためにも、建てる前にしっかりと調査を行うことで長い期間快適に安全に暮らすことが出来るようになります。

地盤調査110番の沖縄県地域における対応エリアについて

  • 那覇市
  • 宜野湾市
  • 石垣市
  • 浦添市
  • 名護市
  • 糸満市
  • 沖縄市
  • 豊見城市
  • うるま市
  • 宮古島市
  • 南城市

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7258

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

上枠

CM

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

私たち24時間365日お客様をサポートいたします

0800-600-0673

24時間365日受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合が

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 地盤調査110番とは
  • 無料メール相談窓口へ
  • 事前調査の依頼