和歌山県の地盤沈下・土壌汚染苦情件数は?地盤調査のメリットとは

和歌山県では、公害苦情件数は地盤沈下によるものが1件、土壌汚染によるものが3件というデータが出ています。和歌山県は、平野が東から西に向かって流れる紀の川河口部に扇状に広がっています。市街地が広がる平野の沿岸部では表層に粘土層や砂洲が広がる緩い地盤となっているため液状化の危険性が高いと言われています。和歌山県内で特に液状化の危険性が高い地域は、和歌山市内の低地に集中していると考えられています。中央構造線を中心に大地震が発生した場合には建造物の全壊数は2000棟以上になると試算されています。南海トラフ地震が発生したと想定すると、県北部の和歌山平野に集中していると言われています。自然災害による急激な地盤沈下などに備えるためにも、事前の地盤調査が必要になります。調査をせずにそのまま建築計画を進めてしまうと、住み始めてから住宅が傾いたり酷い場合は倒壊する危険性もあります。せっかく家を建てても、その後の生活に支障が出るのであれば自分や家族の暮らしが脅かされてしまいます。調査を行うことで、安全で経済的な基礎工法、自然災害時に液状化を起こす可能性、地中の粘土層の長期間の累計沈下量などを知ることが出来ます。そして調査をするうえでもっとも重要と言えるのが、地下水位の把握になります。地下水位を把握することで、沈下の可能性や関係性がわかるようになるからです。調査を行い、結果を知ることで地盤の強さに見合った建物基礎の仕様を決めることが出来ます。調べる方法には、スウェーデン式サウンディング試験をはじめ、戴荷試験、物理探査、試料採取などの方法があります。場合によっては補強工事を行うなどの対策が必要となることもあります。事前に対策が出来ていれば、今後地震など自然災害の被害を受けたとしても大事な住まいを守ることが出来ます。しっかりと調査を行うことで、住宅の安全を手に入れることが出来るので快適に暮らせるようにするためにも事前に地盤の確認をすることは必要不可欠なことです。

地盤調査110番の和歌山県地域における対応エリアについて

  • 和歌山市
  • 海南市
  • 橋本市
  • 有田市
  • 御坊市
  • 田辺市
  • 新宮市
  • 紀の川市
  • 岩出市

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7258

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

上枠

CM

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

私たち24時間365日お客様をサポートいたします

0800-600-0673

24時間365日受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合が

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 地盤調査110番とは
  • 無料メール相談窓口へ
  • 事前調査の依頼