最新情報・レポート

地盤調査に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。

亜炭鉱

東日本大震災によって多くの被害があり、震災から4年が経つ今もなお復興は終わっていません。 津波による大きな被害が注目される中で液状化により、街中の建物が傾いたという被害もありました。 この液状化は弱い地盤の下で、砂地盤がまるで液体のようになって起こる減少です。 大きな被害が起こった後で、各地で液状化は恐ろしいものだという認識が少しずつ広まり始めていますが、 実は液状化の他にも地震により地盤が崩れてしまう危険性を孕んだ土地があります。 それが「亜炭鉱」です。亜炭は石炭に比べて発熱量は低いものの、安価に手に入るということで、江戸時代から70年代まで頻繁に使用されていましたが、亜炭鉱は石油資源などによって衰退し、現在でも手付かずのまま残っています。 亜炭鉱だけではなく世界各地で鉱山の落盤事故が多発しています。チリの鉱山落盤事故は記憶にある人も多いのではないでしょうか? 落盤事故はいつ起こるかは分かりませんが、地震によって事故が引き起こされやすくなるのは明らかです。 今も各地で突然地面に穴が開いてしまったといった事故も起こっており、注意が必要と言われています。 もしも自分のご自宅の地盤が心配な場合はすぐに地盤調査のプロに調査をご依頼ください。

0800-600-0673

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7258

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

上枠

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

私たち24時間365日お客様をサポートいたします

0800-600-0673

24時間365日受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合が

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 地盤調査110番とは
  • 無料メール相談窓口へ
  • 事前調査の依頼