最新情報・レポート

地盤調査に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。

代表的な地盤調査の方法とは?

ことわざの中には「砂上の楼閣」という言葉があります。これは、一見立派な建物(楼閣)でも、砂のように基礎が不安定ではすぐに崩れてしまう事をいいます。これはことわざですが、基礎が大事という点では建築物を建てる際にも共通しています。砂上は極端かも知れませんが、しっかりとした地盤の上に建てなければ、その建築物は耐久性を保つ事が出来ません。そのため、事前に地盤調査が必要になるのです。 その地盤調査には、いくつかの方法があります。その中でも現在主流となっているのが、「スウェーデン式サウンディング試験」です。これはスクリューポイントと呼ばれるドリルのようなものに加重をかけていき、どの程度沈むのかによって地盤を調査する方法です。この方法のメリットとして、試験費用が安価という点が挙げられます。また、既に建築物が建っていても調査可能です。ただし、手動のものでは調査員の技術によって誤差が大きくなるというデメリットもあります。
もう一つの調査方法として、「ボーリング調査」をご紹介します。これはビルなど、大型の建築物を建てる際に採用される信頼度の高い方法です。調査方法は、ハンマーを自由落下させてボーリングロッドを叩き、その先端に取り付けられたサンプラーを打ち込むのに要する回数を測定する方法です。さらにサンプラーから土の試料が得られるため、地盤の組成を併せて調べる事ができます。得られるデータが豊富かつ深い位置まで調査する事が可能ですが、調査が大がかりになる不便さもあります。
地盤調査方法には、それぞれ一長一短があります。地盤調査の際には、業者の方とよく相談して、どのような方法で地盤調査を行うのかよくご検討ください。

0800-600-0673

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7258

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

上枠

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

私たち24時間365日お客様をサポートいたします

0800-600-0673

24時間365日受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合が

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 地盤調査110番とは
  • 無料メール相談窓口へ
  • 事前調査の依頼