最新情報・レポート

地盤調査に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。

地盤が弱くても諦めないで下さい

新築の家を建てる時にまず行うのが、地盤調査です。地盤は建物を建てる「土台」であり、その地盤に問題があると新築にも影響が出てきてしまいます。もし、地盤調査をしないまま建てると、どうなるのでしょうか。地盤が良い場所なら家の基礎を簡単にして費用を抑える事が出来ますが、地盤が弱いと、地震等で沈下するリスクが起きます。又、家屋が歪んでドアが開かなくなったり外壁の亀裂等が起こったりする危険性があります。
もし、地盤調査をして地盤が弱いと分かった場合はどうすれば良いのでしょうか。
1つ目は、地盤改良工事をする事です。地盤調査の後、土地が弱い事が分かると地盤改良工事を行います。改良工事とは、その土地に家を建てても地盤が崩れないように基礎を固めておく事です。土を掘削して平らにした後、砕石によって地盤を硬くしていきます。その後「捨てコン」と呼ばれる下地を流し込みます。そしてコンクリートを打ち込んで基礎が出来上がります。地盤改良は地盤の状態によって値段が異なります。新築を建てる際には予算を多めに準備しておきましょう。
2つ目は、土地を変えてもらう事です。その土地が分譲地でしたら別の土地への転移が認められる事があります。分譲地に空き家があれば、特例として移る事が出来ます。但し、土地管理会社によっては区画の変更が認められない場合があります。更に移った土地も地盤が弱い事も考えられるので、注意しましょう。
地盤調査をして地盤が弱いと分かっても、諦める必要はありません。地盤調査の費用でお悩みの際には、当サイトがお力になれれば幸いです。

0800-600-0673

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7258

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

上枠

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

私たち24時間365日お客様をサポートいたします

0800-600-0673

24時間365日受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合が

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 地盤調査110番とは
  • 無料メール相談窓口へ
  • 事前調査の依頼