最新情報・レポート

地盤調査に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。

地盤改良について

住宅を建てる時にはまず地盤調査をします。 しかし調査の結果、地盤が軟弱で建物を支えるには耐えられないと判断された時にはどうするのか。今回はそれについて説明します。 地盤調査の結果で軟弱な地盤が見つかった時には、まず地盤の強化と改善の工事をします。方法は3つあります。 1つは表層改良です。軟弱地盤が地表から2メートル以内の時に行う工法で、軟弱地盤に固化材を混ぜて地盤を強化します。ただし良い地盤が傾いてある場合は2つの地盤の差によって地盤沈下の危険性があるので行われません。 2つ目は柱状改良と呼ばれる工法です。軟弱な地盤が2メートル以上、8メートル以下の時に用いられます。方法は、軟弱な地盤に掘削をしながらミルク状のセメントを流し込み、弱い地盤の中にコンクリートの柱を作って地盤を強化するものです。大型重機が必要なので狭い土地には向いていません。 もし8メートル以上に軟弱地盤が続く場合は鋼管杭を用います。強固な地盤まで腐食等に強い鋼管を挿し込んで地盤を強化します。こちらは30メートルまで対応可能で、コンクリートの柱を作るよりは簡単で狭い土地でも可能な工法です。ビル建設の工法を住宅向けに応用したものになります。 以上のように、もし地盤調査の結果で軟弱な地盤が見つかっても対処の工法はあるので安心して下さい。ちゃんと地盤調査をしてから住宅を建てるようにしましょう。

0800-600-0673

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7258

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

上枠

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

私たち24時間365日お客様をサポートいたします

0800-600-0673

24時間365日受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合が

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 地盤調査110番とは
  • 無料メール相談窓口へ
  • 事前調査の依頼