最新情報・レポート

地盤調査に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。

地盤補強について

地盤調査を行った後に、その土地が弱い地盤の上にあるということになったとします。この土地の上には建物を作ることはできないと不安になる必要はありません。もし地盤調査の結果が悪かったとしても、その対応策があるので何ら問題はないのです。地盤調査で弱い地盤が見つかった場合には、地盤補強を行って建物を作ります。地盤補強は名前の通り、弱い地盤を補強する作業です。まず柔らかい地盤が薄く、硬い地盤が地表からそう深くないところにあった場合には表層地盤改良で地盤補強をします。土と硬化剤を混ぜて、硬い地盤を作るのです。この際には硬化剤と土をよく混ぜ、しっかり圧力をかけて締め固めなければいけません。そうしないと中途半端な地盤になってしまうからです。柔らかい地盤がやや多い場合には柱状改良を行います。土とミルクセメントを混ぜ合わせ、それで地面の中に柱を作って家を支えるのです。土とミルクセメントの混ぜ具合が良くないとしっかりとした柱ができないために、ちゃんと混ぜ合わせる必要があります。柔らかい地盤が多い場合には、硬い地盤まで金属製の杭を打ち込んで建物を支えるのです。この方法は小口径鋼管杭と呼ばれていて、柔らかい層が厚い場合であってもしっかりと家を支えてくれます。ただし杭の打ち込みが弱いと硬い地層にまで届かず、意味がなくなってしまうのです。地盤補強の方法については数多くありますが、どれもしっかり地盤調査をした上で行っています。どの辺りに硬い地層があるのかを探し、それに応じて地盤補強を行っているのです。

0800-600-0673

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7258

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

上枠

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

私たち24時間365日お客様をサポートいたします

0800-600-0673

24時間365日受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合が

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 地盤調査110番とは
  • 無料メール相談窓口へ
  • 事前調査の依頼