最新情報・レポート

地盤調査に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。

地盤調査の種類

新たに建物を立てる際にその地盤がどの程度の強度なのか、どういった建材を使用すべきか、といったことを調査するために、必ず地盤調査は必要になります。では、その地盤調査はどんな方法で行うのでしょうか、主な手法を3種類紹介したいと思います。

・スウェーデン式サウンディング試験
現在、地盤調査で主に使われている手法です。スウェーデン式サウンディング試験とはスクリューポイントと呼ばれるドリルを地盤に刺し、回転させながら加重し、その沈み具合から地盤の状況を調査する手法です。試験装置や方法が最も簡易的なため、費用を抑えることが出来ます。しかし、調査できる深度が10メートル程度のため、一般住宅向けで、ビルのような大型の建物には使えません。

・レイリー波探査法
レイリー波探査法とは、地面に振動を伝え、その振動が伝わる速度から地盤の状況を確認する手法です。地盤にドリルなどを刺す必要が無いため、石などが多い地盤でも使用することが出来ます。しかし、振動自体は地盤の深部まで届かないためこちらも調査できる深度は10メートル程度となります。

・ボーリング試験
ボーリング試験とはサンプラーと呼ばれる試料採取器を地面に打ち込み、打ち込みに必要な打撃回数から地盤の強度を表すN値を算出します。土壌の状態も調査することができ、10メートル以上のどんなに深くて硬い層でも掘り進むことが出来ます。基本的に3階建て以上の建物や鉄骨の建物で使用される方法です。
目的によって手法は変わりますが、地盤調査自体は建物を建てる際、必ず行わなければなりません。ご相談やご不明な点がありましたら当サイトにご相談ください。

0800-600-0673

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7258

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

上枠

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

私たち24時間365日お客様をサポートいたします

0800-600-0673

24時間365日受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合が

  • 地盤調査110番とは
  • 無料メール相談窓口へ
  • 事前調査の依頼