最新情報・レポート

地盤調査に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。

資料調査と現地踏査

建築を請け負う業者が新たに建物を建築する際、地盤調査を行うことは、建築基準法により事実上義務付けられています。地盤調査といっても、道具を使って地盤を調査するだけではなく、事前に「資料調査」と「現地踏査」という工程を踏まえて、総合的に判断することになるのです。では、資料調査と現地踏査とはどんなことをするのでしょうか、紹介したいと思います。まず「資料調査」とは、地形図や土地条件図、過去の地盤調査資料や施工実績などの情報を集め、その地域の地盤の良し悪しを判断します。例えば、調査対象になっている地域が以前は田んぼだった場合、有機物を含む弱い地層が堆積していると考えられます。また、地名や地形は地質と関係していることが多く、水に関係する地名は注意が必要と言われています。地盤の状態を正しく把握するために、一見関係なさそうなことからしっかりと調査する必要があるのです。次に「現地踏査」ですが、これは文字通り、実際に調査員が現場を訪れ、既存の建物や周辺の道路などに異常がないかを確認する工程です。擁壁の埋戻し部などは人工的に盛られている地盤であるため、注意が必要です。また、既存の建物に異常がないかをチェックした結果が、新築する建物の基礎計画に関わってくるのです。そして、地盤調査を行い、総合的な判断を下すことになります。これらそれぞれの調査をしっかり行うことで、その地盤に最適な工法を提案することが出来るのです。

0800-600-0673

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7258

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

上枠

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

私たち24時間365日お客様をサポートいたします

0800-600-0673

24時間365日受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合が

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

  • 地盤調査110番とは
  • 無料メール相談窓口へ
  • 事前調査の依頼