最新情報・レポート

地盤調査に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。

隣の家が大丈夫なら、こちらも大丈夫というわけではありません

「お隣さんの土地は、大丈夫っていう診断が出たらしいし、うちも大丈夫でしょ?」 なんて思わずに、家を建てる際の地盤調査は、必ず行うようにしましょう。 確かに、すぐ隣の家の土地が大丈夫なら自分のところも大丈夫、と思いたいものですが、実際には隣接する土地で地盤の状況が異なるということは、ありえない話ではないのです。 例えば、新興住宅地などに多い造成地について考えてみましょう。元々あった山や丘陵の斜面を削って出来たのが造成地ですが、造成地の地盤には、元々の地盤と、切土(土地を削って作られた場所)と盛土(切土で出た土砂を盛って作られた場所)の3種類があります。この中でも、元々の地盤は、何も変化はないので、地盤が極端に緩くなければ問題なく利用できます。 切土の部分も、基本的には余計な部分を削りとっただけなので、元々の地盤とそこまで変わらない地盤の強度を持っています。 ここで問題なのは、盛土によって作られた住宅用地です。 元々の地盤というのは、長い間に締め固められているので極めて強い強度がありますが、盛土の部分は、土を盛ってから表面だけをローラーなどでならしただけで、内部までは締め固められていない場合があります。 盛土部分と切土部分(もしくは元々の地盤)が隣接する場所では、片方は強固な地盤なのに、もう片方は軟弱な地盤ということもあるようです。 もちろん、普通の住宅地でもこういったことはあり得ます。元が川や用水路、田んぼだった場所を埋め立てた土地は、周辺に比べて地盤が軟弱です。 見た目ではわからない地盤の強度は、やはり専門業者に計測してもらうことが必要ですので、まずはご相談されることをオススメします。

0800-600-0673

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7258

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

上枠

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

私たち24時間365日お客様をサポートいたします

0800-600-0673

24時間365日受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合が

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

  • 地盤調査110番とは
  • 無料メール相談窓口へ
  • 事前調査の依頼