地盤改良の必要性とは?地盤改良の目的と方法をご紹介|地盤調査110番|事前調査無料&追加料金不要で30,000円から

最新情報・レポート

地盤調査に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。

地盤改良の必要性とは?地盤改良の目的と方法をご紹介

地盤改良の必要性とは?地盤改良の目的と方法をご紹介

 

新築物件を建てる場合、地盤の状態を確認する必要があるのはご存じですか?地盤は建物を支えるうえで、とても重要な役割があります。地盤によっては建物を建てることができない可能性もあるのです。ここに建てると決めたにも関わらず、地盤が悪いからという理由で家を建てられないことになっては一大事です。そのような場合はもう諦めなくてはいけないのか心配になることでしょう。

 

今回ご紹介する地盤改良工事についてご紹介いたします。家が建てられないと判断されてしまった土地でも、地盤改良を行うことで無事建てられるようになる場合があります。地盤改良にはいくつかの方法があるため、環境によって工法を変えなくてはいけません。適した方法を選択するためにも、それぞれの特徴を理解しておきましょう。

 

 

地盤改良をおこなう目的とは?

現在では新築物件を建てる前に地盤の強度を確認するための地盤調査をおこないます。地盤は家を建てるうえではとても重要なものなので、地盤調査からえられる情報は重要です。もしも強度がたりないようであれば、そこに建物を建てることができなくなります。

 

そのような場合に必要な工事が地盤改良です。地盤改良をおこなうことで地盤の強度を高めることができます。土の性質を改良し、基礎を設置しやすい地盤にするのです。

 

地盤の安定性を求めるためには、地盤の破壊や沈下、水の浸透、排水の問題を解決する必要があります。土の問題であれば強度特性や圧縮特性、浸透性の改良が地盤改良をおこなわなくてはいけません。地盤が軟弱であれば、耐震性を高くすることもできなくなります。このような問題を解決する目的で地盤改良はおこなわれているのです。

 

どのような状態だと地盤改良が必要?その必要性とは?

どのような状態だと地盤改良が必要?その必要性とは?

 

地盤改良は地盤調査をおこなった結果から判断されます。地面が建物をささえる強さの指標である地耐力が30KN/㎡以下の場合や、敷地とその周辺の環境によって判断されます。周辺が埋立地や陥没跡地、液状化や不同沈下が起きるか可能性のある土地など、周辺情報をしっかりと確認し、総合的な情報から必要性を見極めるのです。粘土層や砂層などの軟弱地盤は悪い地盤といわれているため、もとが川や池などの水辺であった場合はとくに注意が必要になります。

 

昔までは地盤調査をおこなわずに家を建てることができました。しかし、近年では地盤の状態の確認をおこたることでトラブルが発生したという事例も多々あります。建築基準法と呼ばれる法律が定められるほど、地盤のトラブルは問題視されているのです。のちのちトラブルに巻き込まれないためにも、地盤の状態をよくする地盤改良は必要な工事だといえるでしょう。

 

地盤改良の方法は3種類?それぞれの特徴とは!

地盤改良の方法は主に「表層改良工法」「柱状改良工法」「鋼管杭工法」の3種類に分けられます。地盤の状態によって工法が異なるため、それぞれの特徴を理解しておくとよいでしょう。

 

・表層改良工法

表層改良工法とは、セメントで地表の周辺を固める地盤改良工事です。軟弱地盤が1~2mほどと浅い場合に用いられています。軟弱地盤の表層部分を掘削りし、セメント系固化材を土に混ぜることで強度が高くなるのです。表層改良をおこなう範囲は建物の外壁面から50cm外側になります。

 

・柱状改良工法

柱状改良工法は円柱状に地盤を改良し、建物を支えるようにする地盤改良の方法です。こちらの方法は、軟弱地盤の深さが地中から約2~8mである場合に用いられています。直径60cmほどの穴を地中に開け、良好な地盤まで掘り進めていきます。作業中は水の混ざったセメントを注入し、土に混ぜ、円柱状に固めることで固い地盤を形成することができるのです。

 

・鋼管抗工法

鋼管抗工法は、鋼管で建物を地中から支える地盤改良方法になります。地中に鋼性の杭を打ち込むことで地盤が建物の重さをしっかりと支えることができるのです。地中30mまでの地盤強化をおこなうことができます。狭く小さな土地や、重機を搬入しにくい場所での工事に適しています。

 

地盤改良が必要ない物件もある!?

地盤改良が必要ない物件もある!?

 

地盤改良をすることで地盤を強くすることができます。一般的な住宅であれば基準を満たしていなければ工事が必要になることでしょう。しかし、物件のなかには地盤改良が必要ない物件もあるのです。物件が山などの高地にある場合は一般的に地盤改良が必要ないといわれています。もとが山などの高地である場合は地盤がしっかりしていることが多いため、地盤改良が必要ないケースがほとんどなのです。

 

木造の2階建て住宅も同様に地盤改良は不必要とされています。地盤改良の主な目的は、建物が沈下しないよう地盤を強くすることです。一般的は住宅であれば、地盤によって重さを支えきれず沈下を起こしてしまうことがあります。

 

2階建ての木造住宅は重さも軽いため、沈む可能性も低くなります。しかし、3階建て以上になる場合は地盤改良が必要とされているので注意してください。1階層違うだけで、地盤にかかる重力は約1.5倍が違うと言われているからです。ただし、全ての木造建築に当てはまるという訳でもないため、しっかりと地盤調査をおこない、結果を確認した後に判断するようにしましょう。

 

まとめ

地盤は住宅を建てる上でとても重要なポイントです。地盤の状態によっては家を建てることができない可能性もあります。地盤の調査をおこたってしまうと地震などの災害によって、家が沈むこともあるため、地盤には細心の注意を払う必要があるのです。

 

地盤調査の結果が悪ければ、地盤改良が必要になります。そのような場合は工法の種類をしっかりと把握し、適切な方法で施工するようにしてください。大切な家が後々トラブルに巻き込まれないためにも、しっかりと地盤調査をおこない、必要であれば地盤改良をおこなうようにしましょう。

0800-600-0673

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7258

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

上枠

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

私たち24時間365日お客様をサポートいたします

0800-600-0673

24時間365日受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合が

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 地盤調査110番とは
  • 無料メール相談窓口へ
  • 事前調査の依頼