最新情報・レポート

地盤調査に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。

地盤を調べると何がわかる?マップで便利情報を仕入れよう!

地盤を調べると何がわかる?マップで便利情報を仕入れよう!

何かと自然災害が多い日本ですが、大きな地震で甚大な被害があると注目されるのが地盤です。日本の約3割の人口が軟弱地盤に住んでいると言われ、とくに首都圏や大阪といった都市部に広がっています。 地震だけではなく梅雨~秋になると台風による被害もニュースで大きく取り上げられます。家が傾く、雨で流される、こういった映像を見たことがある方も多いでしょう。

日本は、爆発的な人口増加によって人々の生活する場所を広げるため、海や川を埋め立て、土地にしてきました。江戸時代の古地図を見てみると、東京もほとんど海ばかりであったことがわかります。

今回は自分が住んでいる土地の地盤を知るためのツール「マップ」のこと、地盤と災害の関係についてお伝えしていきます。地盤を知ることで、今後の災害への心構えと対策についていま一度考えてみてください。

 

地盤を調べるなら地盤マップが便利です

地盤マップを知っていますか?これは知りたい地域の地盤がどんな状態か、ひとめでわかるツールです。
パソコンや携帯電話からでもアクセス可能で、便利なものなのですが実際使ったことがない方も多いでしょう。ここでは地盤マップについて説明します。

 

地盤マップってどんなもの?

地盤マップとはWeb上で公開されている地盤についての情報を、いつでもだれでも閲覧できるサービスです。使い方はさまざまです。

  • ・地震などの災害が心配な方
  • ・家を建てるとき、土地を購入するときに調べる方
  • ・遊び感覚で昔の地理を見る方

 

掲載されている地盤情報は、実際に過去におこなわれた地盤調査での結果をもとに作られているため、信頼性は高いです。マップを見ると、最寄りの駅やバス停も掲載されているので、地盤の状態と合わせて「自宅からどのくらい離れているのか」距離を知ることができるので便利です。

また災害が起きたときの避難所もわかるので、もしもの時のためにあらかじめ確認をしておくことができます。

 

地盤マップでわかることとは?

●地盤力
地震がどれほどの強度があるのか、弱いのかがわかります。地盤調査がおこなわれた場所がポイントで表示されるので、自宅近辺で調査されているかどうかも確認できます。

●地震時の揺れ
地震が起きたとき、どれほど揺れるのかがわかります。地震の揺れは、地盤や地形で変わるため、指定した場所が揺れやすいのかを調べられます。

●地盤情報
盛り土や埋め立て地といった地形、大地がどのようにできたのかという地質、人の手によって作られた土地なのか、などの情報が見られます。昔の地形も開示されているので、今の土地との違いもわかります。

●生活情報
日々の生活の中で、気になる情報が簡単に検索できます。駅やバス停の場所や距離、病院や公園などの施設の位置情報も出るため、引っ越したばかりのときにはとても役立ちます。交通機関の一日の平均利用客もわかるので、混雑するのかも検討がつきます。

●防災情報
自然災害でこわいのが、浸水や液状化による建物の崩壊です。浸水の可能性のある地域、液状化の可能性が高いのか、土砂崩れによる危険個所をチェックできます。地震の元となる活断層帯の位置も掲載されています。

●航空写真
過去の航空写真も、年代ごとに見ることができます。今と昔で比べてみるのも楽しいでしょう。

 

地盤と災害は関係あるの?

地盤と災害は関係あるの?

地盤が弱いと、災害が起きたときの被害が大きくなると聞いたことがあるでしょうか?
過去の大型地震でも、甚大な被害が出たところは地盤が弱かったこともわかっています。では、地盤と災害の関係性について確認していきましょう。

 

そもそも地盤とは?

まず地盤という言葉ですが「土地」とは違うのでしょうか。

「ここの土地はどうですか?」と「ここの地盤はどうですが?」と質問されたとき。地域の特性や農作物を育てるときの生産性、資産価値といった不動産的要素が強いのが「土地」の答えになります。
「地盤」では、水分量や粘土・砂・礫という地質、建物を支える力がどれほどあるのかが答えになるでしょう。どちらも地面の評価になりますが、安全面を視点にしているのが地盤です。
では「よい土地」と「よい地盤」はイコールなのか、というとまったく違います。都市部のように、交通便がよく生活しやすい場所は資産価値が高いですが、必ずしもよい地盤ではないことがわかっています。

「よい」というのは硬さと土の性質で決まります。硬さは、地盤形成された歴史が古いほど硬くなり、さかのぼれば恐竜時代にもなります。ここ数十年で形成された地盤ではまだまだ弱いということです。

もうひとつのよい地盤のポイントは、土の性質です。シルト(粘土質)や砂、礫(砂利のようなもの)など何の種類でできているか、配合でも決まります。シルトは水分を多く含んでいるので地盤が弱くなりがちで、また砂の粒の大きさが大きければ水をよく通すのでこちらも弱くなります。

 

弱い地盤は危ない?

過去の大きな地震や台風など、軟弱地盤であるところは大きな被害をもたらしました。軟弱地盤ではなぜ災害に弱いのかを解説します。

まず軟弱地盤は揺れやすいです。豆腐を想像してください。木綿豆腐と絹豆腐、お皿をプルプル揺らしたとき、絹豆腐のほうが大きく揺れます。水分を多く含んだ絹の方が、柔らかく揺れに弱いのです。

このように地下水を多く堆積していると揺れやすくなります。そして水分が多いということは液状化が心配されます。 液状化は、川辺や海辺が近いとよく起こるといわれています。液状化のメカニズムを簡単に説明すると、地盤の中の、砂などの粒が普段はくっつきあっていますが、地震の揺れが発生すると振動で粒が離れてしまいます。するとその粒は、地震の中に存在していた水分の中でフワフワしてしまい、沈下してしまうのです。粒が沈下すると上にあるのは水分のみなので、上に建物があればそのままズルズルと流されていきます。

軟弱地盤と硬めの地盤では、揺れが1.5倍も増幅される観測結果もでるほど地震に弱いです。液状化による地滑りも起きるため、軟弱地盤は災害に弱く危ないと言えます。

 

心配なときは地盤調査をしてみよう

心配なときは地盤調査をしてみよう

住んでいる地域の地盤を調べるマップをご紹介しましたが、いつ大きな災害が来るかわからないのでもっと詳しく地盤を知りたいと思う方もいるでしょう。そのときは専門の方へ地盤調査を依頼することです。

地盤調査方法は、スウェーデン式サウンディング調査(SWS試験)、ボーリング調査(標準貫入試験)、表面波探査法の3種がありますが、基本的に一般家庭での木造住宅ではSWS式が多いです。
費用は、ボーリング調査>表面波探査法>SWS試験 となっています。SWS試験が一番安価で、数万円でできるでしょう。ただ、調査をするには適度な広い場所が必要となるので、調査ができるスペースがあるか確認してください。

調査結果表は、専門用語が多く、見方が難しいところがあります。プロの方へ説明をしてもらい、今いる場所がどのような地質で地盤はどのような状態かを聞くことで、災害への意識も高まることでしょう。

 

まとめ

地盤を調べるにはお手軽なマップがあることをお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?
初心者でもわかりやすいマップで、見やすく簡単に検索ができるので扱いやすいです。マップは災害対策だけではなく、地域情報も仕入れることができるので、引っ越しのときにもとても便利なアプリです。

また軟弱地盤と災害についても解説しました。多くの方が不安になっていることでしょう。日本は軟弱地盤が多く、地震列島でもあるため、いつ大型の災害に見舞われるかわかりません。もしものときのために、いまからできる災害対策をぜひ考えてみてください。
そして、地盤のことをもっとよく知りたい方は、プロによる地盤調査も検討してみましょう。

0800-600-0673

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7258

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

上枠

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

私たち24時間365日お客様をサポートいたします

0800-600-0673

24時間365日受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合が

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

  • 地盤調査110番とは
  • 無料メール相談窓口へ
  • 事前調査の依頼