最新情報・レポート

地盤調査に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。

地盤沈下はどうして起こる?原因と対策を知って安心な暮らしを

地盤沈下はどうして起こるのか?原因と対策を知って、安心な暮らしを

 

せっかく完成した新居なのに、住んでいるうちに柱や床が傾いたりしたら、ショックですよね。実は、そんな状況を引き起こす原因は地盤沈下にあるかもしれません。建物が傾く原因の中で、最も多いのが地盤沈下といわれています。地盤沈下の可能性がある土地に地盤沈下の対策をしていなければ、沈下する可能性があるのです。

地盤沈下といえば、地震が原因といわれることが多いですが、地盤沈下の原因は実はそれだけではありません。ごくわずかな地盤沈下でも、そのままにしておけば家のきしみなどを引き起こします。

地盤沈下による人への健康被害も、心配なものです。傾いているという状態は、普通の状態よりも人にストレスがかかります。家の傾きによって、体調を崩すというケースも報告されているのです。

今回のコラムでは、地盤沈下現が引き起こす現象や、原因と対策をご紹介します。もしお住まいの住居に当てはまる現象があれば、地盤沈下が原因かもしれません。ぜひ今回の記事をご参考になさってください。

 

 

地盤沈下って、どんなことをいうの?

地盤沈下とは、地盤が沈むことをいいます。1度沈んだ地盤が、自然に元の状態に戻ることはありません。

では、どのような原因があるのでしょうか?具体例として、よく発生する事例も見てきましょう。

 

地盤沈下の原因は、大きく2種類

地盤沈下の原因は大きく2種類に分かれます。自然現象が原因の場合と、人が自然を開拓したことが原因の場合です。

自然現象が原因の場合は、地震で地殻変動が起こって地盤が歪むことによって、地盤沈下が起こります。

人が原因の場合は、地下水や天然ガスなどを採取した際に、地盤が下がってしまうことで起こります。

 

広域での沈下のケース

広い地域において地盤沈下が起こる場合、地震などの地殻変動や、地下水、天然ガスなどの採取が原因となります。

地震による地殻変動で地盤沈下した場合、あまり建物に目立った影響がないため、気付くのが遅くなることがあります。

普段の生活で影響があまりないと、大雨による洪水被害が起こるまで分からないこともあるのです。

 

局地的な沈下のケース

限られた場所だけ、局地的な沈下が起こることもあります。建物全体ではなく、一部分だけ傾きが起こることを「不同沈下」といいます。不同沈下が起こると、建物の1ヶ所のみに負荷がかかり劣化が早くなってしまいます。

建物に不同沈下が起こると、ドアや窓のカギがかからなくなったり、すき間ができたりします。ひどくなると鍵がかからなくなることもあるので、注意が必要です。

 

地盤沈下はなぜ起こるのか?

地盤沈下はなぜ起こるのか?

 

地盤沈下はどのようなことが直接的な原因となって、起こるのでしょうか。

 

軟弱地盤上の盛り土の沈下

軟弱な地盤の上に盛り土をしてしまうと、要らないような空気や水分を土壌が含んでしまいます。その上に建物を建てると、その重量で空気や水分が抜け、地盤が沈んでしまうのです。

 

重量配分の偏った家を建ててしまった

建物の重さが、全ての面積に対して均等に配分されていれば傾く可能性は低くなります。しかし建物自体の重量に偏りがある場合、地盤沈下が起こることがあります。

 

盛り土の締固めが十分でない

建物を建てたい場所に、大木などが植えられている場合、撤去して盛り土をしますが、その際の締固めが不十分だと地盤沈下が起こりやすくなります。

 

地盤沈下による被害について知っておこう

地番沈下が起こることで、私達にどのような被害がもたらされるのでしょうか。

 

地盤沈下が及ぼす直接的被害とは

私達に一番身近な被害は、住んでいる建物や普段使う道路が傾いたり、亀裂が入ったりすることです。またガスや上下水道の地下に埋め込んである配管が破損したり、地下にある井戸水をくみ上げる配管が地上まで出てきてしまったりということもあります。

 

地盤沈下が及ぼす間接的被害とは

地盤沈下により川や排水路と地上の高さが同じになってしまうと、少量の雨が降っただけでも建物や車などが浸水してしまいます。畑や田んぼなどの農作物にも被害が出やすくなります。大雨や豪雨の際は、大変な被害が予想されます。

 

地盤沈下が原因で、普段の生活で起こる現象

地盤が不安定になっていると、住居がきしんだり歩くたびに床が鳴ったりします。車が通るだけでも、住居が揺れたりすることもあります。柱や床が傾いて、寝る姿勢が斜めになってしまうケースもあるといいます。

また住居自体が傾くと、ドアや窓のサッシにすき間ができ、外気が部屋の中に入りやすくなります。エアコンの風がいきわたりにくくなり、空調に悪影響が出てきます。ひどくなると、ドアや窓のカギがかけられなくなるケースも出てきます。

通常、住居には排水がスムーズに行くように、雨どいが取り付けられています。排水のため、やや下向きに傾き加減に設置されていることを、ご存じの方もいらっしゃるでしょう。しかし地盤沈下で雨どいの傾き加減が変わると、雨漏りや水漏れが起こることがあります。

 

地盤沈下の対策はどうすればいいのか?

地盤沈下の対策はどうすればいいのか?

 

地盤沈下は対策することができます。対策方法を知って、住まいを守り安全な生活を送りましょう。

 

住む前に地盤の調査を

そもそも住む前に、その土地が地盤沈下しそうな土地でないか確認することが重要です。地盤沈下の原因となる地下水のくみ上げは、行政の管轄です。そのため地方自治体の中には、地盤沈下の起こりやすい土地を公開して、率先して地盤沈下対策を行っている地域もあります。

 

地盤沈下がすでに起きている場合の対策は?

地盤沈下がすでに起きてしまったら、地盤沈下している土地に沈下修正工事をする必要があります。地盤沈下対策の専門会社に依頼すれば、工事を行ってくれます。方法によっては、住民が住居でそのまま生活を送りながらできる場合もあります。

沈下修正工事には、さまざまな方法があります。主な工法は以下の通りです。

 

・プッシュアップ工法

あまり大きな地盤沈下が見られない場合に用いられます。杭で建造物を持ち上げて、沈下を修正して元に戻す工法です。工期も短く、費用もあまりかかりません。

 

・アンダーピニング工法

杭を地盤に打ち込み、傾いた建造物を持ち上げて高さを調整し、コンクリートなどを建造物の下に埋め込んでいく工法です。杭を地盤の奥深い支持層まで打ち込むことができれば、沈下を防ぐ効果は高いといわれています。

 

業者の選び方のポイント

再び地盤沈下が起こらないようにするためには、信頼のおける業者を選ぶ必要があります。それには、地盤改良や沈下修正工事の実績の多い業者が良いでしょう。

必ず複数の業者から見積もりを取ってもらい、費用を比較しましょう。安いだけで選ぶのも問題です。地盤沈下に適切な工事が行われなければ、再沈下の可能性もあります。

そのような事態を防ぐには、やはり確かな技術を持つ業者を選ぶことが大切です。二度と地盤沈下の影響が出ないように、納得が行くまで工事の内容を説明してもらってから依頼することです。

 

まとめ

今回のコラムでは、地盤沈下現が引き起こす現象や、原因と対策をご紹介してきました。もしお住まいの住居に当てはまる現象があれば、地盤沈下が原因かもしれません。

家は一生の買い物です。これから家を建てる予定の方は、ぜひ地盤沈下の調査もしてみてください。もうすでに住んでいる家に異変があるという場合でも、地盤沈下の工事することは可能です。早めに対策をすることで、大切なマイホームを守ることができるでしょう。この記事をご覧になった皆さんが、地盤沈下の起こらない、安全な建物に住まわれることを願っています。

0800-600-0673

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7258

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

上枠

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

私たち24時間365日お客様をサポートいたします

0800-600-0673

24時間365日受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合が

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 地盤調査110番とは
  • 無料メール相談窓口へ
  • 事前調査の依頼