最新情報・レポート

地盤調査に関する最新情報やレポートをご紹介いたします。

柱状改良は地盤改良工事のひとつ!メリットと注意点わかりやすく解説

柱状改良は地盤改良工事のひとつ!メリットと注意点わかりやすく解説

住宅などの建物を建てるための土地が軟弱な地盤であったなら、柱状改良工法など、適切な地盤工事をおこなうことが重要です。

地盤が弱いと、時間が経つにつれて地盤沈下が起きたり、地震のときに液状化を起こしたりするおそれがあるからです。

ここでは、柱状改良工法の特徴や工事方法の解説に加えて、ほかの地盤改良工事方法、地盤調査の方法などについても紹介しています。所有する土地に合った方法で地盤強化の工事をおこなってください。

柱状改良は軟弱地盤におすすめの地盤改良工法

柱状改良(ちゅうじょうかいりょう)とは地盤改良工法のひとつで、土の中にコンクリートの柱を立ててしまうという工事です。2~8mくらいの深さまで軟弱な地盤が続いていて、その下に良好地盤がある場合におこなわれるのが一般的です。

柱状改良工法のメリット

(1)深いところまで軟弱地盤が続いている土地にも対応できる
深さ8メートルほどまで軟弱な地盤が続いている土地でも、安全に建物が建てられるように地盤改良することができます。

(2)地下水がある場合でも影響がない
一般的に、地下水は軟弱地盤の層にあります。柱状改良工法では、地下水の下にある良好な地盤までコンクリートを流し込んで柱を造るので、地下水があっても安全に地盤改良することが可能です。

(3)傾斜地や狭い土地でも地盤改良することが可能
丈夫な地盤までセメントを注入する工法ですので、土地に合わせてコンクリート柱の本数や直径、長さなどを調節することが可能です。傾斜地や狭い土地でも対応できる機械を使えば、柱状改良工法をおこなうことができます。

このほかにも、地盤改良工事による残土が少なくて済むことや、工事期間が短い(一般的には1~2日)ことなどもメリットとして挙げることができます。

柱状改良工法を取り入れるときの注意

産業廃棄物などで埋め立てられた土地では、柱状改良工法は不向きです。産業廃棄物などの有機質でできた土地はやわらかく、セメントを流し込んだときに固まりにくいからです。

また、将来的に土地を売却する予定があるという場合には、よく考えてから工事をおこなうかどうかを決めましょう。地下にコンクリートが埋め込まれている場合、地価が低下するおそれがあるからです。

柱状改良以外の地盤改良工事についても知っておこう

柱状改良以外の地盤改良工事についても知っておこう

地盤改良工事の方法としてよくおこなわれているのは、柱状改良工法のほかに2つあります。ここでは、「表層改良工法」「小口径鋼管杭工法」の2つについて解説しますので、工事を依頼するときの参考にしてください。

【1】表層改良工法

表層改良工法とは、セメントを混ぜた素材で地盤の表層を固めてしまう工事方法です。軟弱な地盤が、2m程度までと比較的浅い場合によくおこなわれています。

表層改良工事のメリットは、ほかの地盤改良工事と比べて費用が安く済むことです。ただし、軟弱地盤が2m~8m前後の深さであるという場合は、柱状改良工事のほうが安く済むケースもありますのでよく考えてください。

表層改良工事は、比較的平らな土地に向いている工事方法です。傾斜のある土地や、場所によって軟弱地盤の深さがちがうような広い土地では、施工がむずかしいので、柱状改良を選んだほうが、確実に地盤を強固にすることができます。

【2】小口径鋼管杭工法

小口径鋼管杭工法とは、強固な地盤の上に、杭を打ち付ける工事方法です。打ち付けるときには重機を使用し、その機械自身の重みやモーターの力を利用して深いところまで杭を到達させます。

小口径鋼管杭工法は、大型重機があれば30mほどの深さまでの工事が可能です。この方法はセメントを使用しませんので、産業廃棄物などで構成された土地や傾斜地、地下水がある土地でも対応することができます。

地盤改良工事にかかる費用相場

おもな地盤改良工事3種類の費用相場を紹介します。

表層改良工事の費用相場……20坪/深度1mの工事で約30~50万円
柱状改良工事の費用相場……20坪/深度4~5mの工事で約70~100万円
小口径鋼管杭工事の費用相場……20坪/深度5~6mの工事で約110~140万円

実際にかかる費用は、土地の状態や依頼する業者、使う機械の種類によってちがいます。正確な金額が知りたい場合は、業者に現地調査を依頼し、見積りを取るのがおすすめです。

地盤改良の前にまず地盤調査をしよう

地盤改良の前にまず地盤調査をしよう

建物を建てるときにはまず、地盤の調査をしておくことが重要です。地盤状況を確認しておくことで、安全に建物を建てられる土地なのかどうかを把握することができるからです。また、どのような地盤改良工事をおこなうべきなのかを判断することもできます。

地盤調査の種類と費用相場

地盤調査にはおもに3つの種類があります。

(1) SWS試験
先端がキリ状になっている器具で地盤の強さを推定します。深度10m程度まで測ることが可能です。作業スペースは1平方メートルあればでき、費用は1カ所2万円程度です。木造住宅用では通常5カ所ほど調査するのが一般的です。

(2) ボーリング調査
もっともよく知られている地盤調査の方法です。おもりを自然落下させて、地耐力を測ります。同時に、地盤がどんな土質なのかを調べることも可能です。ボーリング調査費用相場は20万円~30万円くらいです。

正確な地盤調査ができますが、費用が高額なため一般住宅でおこなうことは少なく、ビル建築などでよくおこなわれます。

(3) 表面波探査法
表面波探査法とは、地表から地中へ振動波を発振して、地盤の固さを調べる方法です。振動波の反射時間で、地盤の固さを測定します。費用はSWS試験とボーリング調査のちょうど中間くらいです。

まとめ

建物を建てるときには、まずどんな地盤なのかを知っておくことが重要です。軟弱な地盤であれば、しっかり地盤改良しておくことが欠かせないからです。

地盤改良する方法は「表層改良工法」「柱状改良工法」「小口径鋼管杭工法」の3つがあります。そのうち、柱状改良は、2~8m程度の軟弱地盤がある場合におすすめの工法で、傾斜地や狭小地、地下水がある土地にも対応することが可能です。

地盤改良工事や地盤調査は、信頼できる業者に依頼しましょう。業者によって、技術力や測量方法、価格がちがうからです。また、費用が高い業者の技術が高いとも限りません。大切な建物の地盤を工事する業者は慎重に選ぶ必要があります。

弊社では、地盤調査や改良工事を安心して任せることができる業者を紹介するサービスをおこなっております。業者選びに困ったときには、遠慮なくご利用ください。

0800-600-0673

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7258

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

上枠

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

私たち24時間365日お客様をサポートいたします

0800-600-0673

24時間365日受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合が

  • 地盤調査110番とは
  • 無料メール相談窓口へ
  • 事前調査の依頼